社会起業ベンチャー企業経営に成功する方法

まずは最新記事をチェック↓どちらにしますか?
カテゴリー
[社会起業ベンチャー企業経営に成功する方法]姉妹ブログ
新着記事リスト[概要付]

« 2009年03月05日 | 社会起業ベンチャー企業経営に成功する方法Top2009年04月02日 »

社会起業ベンチャー企業経営に成功する方法

社会起業ベンチャー企業経営に成功する方法です。社会起業家とベンチャー企業家の知識を合わせて最高の成功ノウハウを作ります。

最新記事【2009年03月07日】

社会起業ベンチャー企業経営で成功する方法に関するメモ

●社会起業ベンチャー企業のチャンス!
2009年、不況の今こそ産業構造革新のチャンスである。
既得権益を利用して不当に稼いでいた企業の事業縮小、
倒産が相次いでいる。
これによりそれらの企業から失業者がたくさん出る。

その失業者とも協力し、これからの時代に適した
社会起業ベンチャー企業の参入分野を探す議論に
積極的に参加する必要がある。
イノベーション理論で考えると社会起業ベンチャー
企業の立ち上げの重要性を強く実感できる。

このブログでも具体的に社会起業ベンチャー企業の
意義がわかる経済学的議論も行います。
経済学の理論はしっかりと理解すればビジネスの
現場でも非常に役立つものばかりです。

いつでも優れた新規社会起業ベンチャーは必要と
されますが、不況時の必要性はさらに高まります。
既得権益層による弾圧を受けにくくなる上に、
危機を感じている人々は現状維持をやめて、
新しい社会起業ベンチャーを好意的に見ます。

産業構造の転換をうまくやらなければ、不適当な
補助金などで社会がどんどん非効率になっていく
スパイラルにはまってしまうのです。
アダムスミスのいうように高い道徳をもって市場
原理に任せれば、神の手が社会を効率よく改善し
てくれるのです。

●社会起業ベンチャー企業にはおいしい大量失業
儲からない会社に勤めている人々が失業して、
自分の頭で自分の人生を考えて、
儲かる会社へと就職するようになっていく。

儲からない事業を行い続けた経営者は叩かれて、
反省して、もうかる事業への転換を進めている。

新しい時代に合ったもうかる事業を行っている
社会起業ベンチャーなどは安い値段で
優秀な人材を雇うことに成功している。

個人事業主や中小企業でも賢くITサービスを
利用すれば、ほとんど資金をかけずに事業を
推進できる。
プログラミングのできる人に開かれたクラウド
コンピューティングのチャンスをつかんだ
社会起業家がさらに多くの後続車のチャンス
を拡大する好循環に入っている。

一時的に普通の労働者の人生のリスクも高くなれば、
リスクをとる社会起業ベンチャー経営者の生き方も
称賛されるようになりリスクをとった新規事業が
やりやすくなる。

●社会起業ベンチャー企業で内需拡大
無理に雇用を守っても内需は拡大せず、景気も回復しない。
儲からない会社に法規制により収益を生まない社員を
雇用させると、魅力に乏しい商品が社会に蔓延して
賃金は増えても内需は拡大しない。

無理に雇用させれば会社の経営はどんどん傾いていく。
無理に雇用してもらっている社員は会社の倒産が
近いと感じると高い賃金を貯蓄に回す。

社会起業ベンチャー企業が新しい価値を生み出す
ことが内需拡大には必要不可欠です。


●社会起業ベンチャー企業は必要とされている。
過激な運動を得意とする労働組合が本来は中小企業
が債権者として受け取るべき金銭を奪い取った。
社会起業ベンチャー企業の経営者たちも団結して
自分の取り分を主張すべきである。

社会起業ベンチャー企業の経営者は従業員にはない
個人的なリスクを抱えることで事業に対する真剣さ
を培い成功に近づく側面もある。
だから不況や経済危機の時には甘んじて損失を受け入れ、
個人的に大きな責任を負って再起不能になる。

社会にとっては社会起業ベンチャー企業を興す人は
希少価値がある。
とくに現代の日本社会では。

失敗してもすぐに立ち上がれるように労働組合なみの
過激さをもって自分の取り分を確保すべきである。
経営の失敗が自分の責任だと感じられるほど成長して
いるのなら特に再起のための取り分を強く要求すべきだ。

ほとんどの人は自分にどのような責任があるかを理解
する能力がない。
自分で責任を取らずに他人のせいにして過激な運動に
よる脅迫で自分の取り分を確保する。

社会起業ベンチャー企業の失敗による自分の責任を
明確に理解し次回に改善が望めることは貴重である。
確実に再起して失敗の経験を生かして成功することが
求められる。

社会起業ベンチャー企業に冷たい社会を批判するだけで
なく責任を持って社会を変えていく必要がある。
政治的に社会を変える力は社会起業ベンチャー企業で
成功するためにも非常に役立つ。

●社会起業ベンチャー企業経営は反感の後に大成功。
社会起業ベンチャー企業と聞くと慈善家のように
いつも一般人から好かれるイメージがある。
しかし、本格的に社会を変革しようと思うと
一般人には理解できないレベルの行動をとる
ので大きな反発を買う可能性も高い。

慈善活動は目先の利益のためだけに没頭
しながら満足できるので好かれる。
また慈善活動という形態がどんな理念も
信頼させるのに役立つ。

社会起業ベンチャー企業でも耳触りのよい
わかりやすい理念を掲げることもある。
しかし、国民の意識にも変革を求める場合は
営利企業であるがゆえの誤解も受ける。

社会起業ベンチャー企業はコミュニケーションスキル
が相当高くない限り、理解されず嫌われる。
社会起業ベンチャー企業を経営するために
利益を上げることを強調しても誤解される。

本当に社会のためになることをやろうとして
反発を受けるのはつらく、妥協して金儲け
ベンチャー企業経営に走りたくなる。

しかし、はじめから大衆には理解してもらえ
ないことを覚悟し理解してくれる人と協力して
大衆にもわかりやすい成果ができるまで
社会起業ベンチャー企業経営に没頭すればよい。

さらに、反発を超えて社会起業ベンチャー企業
経営に成功すれば、大きな賞賛を受ける。
この実績が信頼を生み社会起業ベンチャー企業
の活動をより価値の高いものに変えることが
できるのだ。

●社会起業ベンチャー企業は失敗で大成功。
社会起業ベンチャー企業は失敗を恐れぬ、
大胆なビジネス戦略が必要となる。
リスクを取っていかないと既存の大企業より
大きな社会的価値を提供するのは難しい。

失敗を恐れずに社会起業ベンチャー企業を経営
するためには、失敗した時の戦略が重要である。
失敗を一気に顧客の信頼を高めるために利用
する戦略を考えておくとよい。

多くのビジネス書で感動的ストーリーとして
語られるほどの誠意を見せるのだ。
こうすれば失敗に対処するコストは投資へと
姿を変える。

この失敗に対する姿勢は二重の意味で社会起業
ベンチャー企業を大成功に導く。

●社会に欠かせない社会起業ベンチャー企業
社会に欠かせない社会起業ベンチャー企業になると、
不況などの緊急事態において国からの支援も受けられます。
地域社会や日本の将来のために欠かせないと
国から認められるような社会起業ベンチャー
にはこういう特典もあります。

10:50 2009/01/28時点ではこの動きが活発になっている
ので支援を受けている社会起業ベンチャー企業の傾向を
分析しておきましょう。
自分が応援したい社会起業ベンチャー企業が窮地に立っている
上に応援する価値があるのに申請を怠っている場合は、
申請をするように働きかけましょう。

担当機関に自分の意見も出しましょう。
本当に必要な社会起業ベンチャー企業は応援
する必要がありますし、応援してもらえます。

国の支援どころか国民の寄付を受けられること
すらありえます。
時代がすすむにつれ社会起業ベンチャー企業に
投資や寄付をして応援する人も増えていきます。
目標
2012年7月までに、理想の矯正歯科と歯列矯正患者
を教育してマッチングする仕組みを完成させる。
○戦略
今すぐ優先度の一番高いことをやる。
先見性を持つ(「五年後に何をしていますか?」という問いへの答えを持つ)
得意分野を見極める(苦手分野を補う人と共同経営をしてみよう)
利益分配は厳密に(ちゃんと契約をしよう)
公的資金を集めたほうがいい(回収に対して厳しくないし、ちゃんとやれば簡単に集まる)
プレゼンのうまい人が絶対に必要(できれば社長がやりたいところ)
徹底的にリスクを下げるための手段を考える
改革を起こしていく時は、ばっちり根回しをしておこう
○社会起業ベンチャー企業の人事戦略
新卒をがんがん鍛えて使おう!(新卒のほうがおいしい)
最近の若者にとって仕事は、自己実現の手段、
メシを食うための手段ではない。
同じ時給でもたくさん働く雰囲気を作ろう。

さぼったり不正をすることで楽に稼ぐことができる
人事制度、給与制度の矛盾があると誰かがその矛盾
を利用して楽をする。
そしてそれに気づいた社員たちが次から次へと楽を
していく。

労働倫理だけではなく監視と罰則や褒章により、
真面目に働くインセンティブを強化する。
社会起業ベンチャー企業では経営が安定するまで
を見ているとサボる社員が現れることなど想像
しづらいが、安定するとサボる余裕がでる。

本当に新卒のためになる言葉で募集をかけよう。
採用には「一番できる広告塔」を当てる。
社会起業ベンチャー企業で働く人があこがれる
仕事を生きがいにして能力も非常に高い人材だ。

・会社の評判に責任を担う人、人は自分より上の人の能力がわからない
内定は働いてくれる学生にしか出さない。
なかなか出ない内定に高い価値を感じ、
一生懸命働くようになる。

○財務
会計参与はいい方向に働きますよ。会計をしっかりやっておきましょう。
○コーチング
現状に満足させない・プラス思考を持たせる・プロセス重視で評価する

素直さ。
意味がよくわからないアドバイスはとりあえず実行してみて、少なくとも人間の幅を広げる。

●ベンチャー企業の社長としての仕事
経営計画書の作成。会社が何をするかを具体的に計画する。
効率的な社長の仕事のTODOリスト作成能力を身につける。
事業部、組織図を作り、最適な仕事の割り振りをする。
法務、税務、経理、総務、WEBマスター、WEBデザイナー。社員のTODOリストを作る。
法律を熟知し、法律の隙間からニッチを狙う戦略を考え出し、合法と思いこんで違法行為を行うことがないようにする。
リアルタイムで正確な帳簿を付ける経理を行う。
仕事マニュアルづくり。マニュアルを社員全員で改善していく仕組みを作る。
仕事を効率的に行える仕組みづくり。
チームワークが向上する仕組みづくり。
みんなで協力することのメリットを具体的に伝える。
最も効率的な流れになるようにチームワークの仕組みを改善し続ける。
IT機器・インターネットサービスの利用。パソコンの高速化。パソコンやLAN環境を整える。
従業員サービスを充実させる。仕事を楽しく行える仕組みづくり。
思ったことを経営者に堂々といえるようにする。経営者は自分と異なる意見にこそ真剣に耳を傾ける。
社員のめちゃくちゃな要望も上手にかなえる天才的なアイディアマンになる。
機能的でモチベーションが高まる事務所を作る。
社員の仕事を社員と一緒に評価する。評価を元に改善する。
マーケティングの仕組みづくり。
強烈なオファーを作る。顧客のことをよく考えた独創的な売れるセールスレター型販売ページを作る。
内部統制の仕組みづくり。
資金集め。
投資家向けホームページの運営。銀行とのよい関係作り。
ポジション作り。求人。採用面接。

『ベンチャー起業、経営理念の改善』
『ベンチャー起業の組織図改善』

●社会起業ベンチャー企業運営方針
社会的価値のある歯列矯正ベスマの情報はすべて
公開、販売する。自分の個人情報についても同じ。
従業員、事業パートナー、投資家、顧客、
一般社会にとって理想の会社を作る。
社員個人の名前を表に出して仕事を行う。
仕事の成果が社会からも承認される。
社員は残業なし週休2日制で短期集中型で効率よく成果を上げる。
役員は好きなだけ仕事に没頭する。社長は24時間仕事に没頭する。

完全禁煙、不健康飲酒禁止の会社を作る。
会社関連のイベントは全て基本禁酒。
社員を一番大切にし、お互いを尊重し合っている
最高のチームによるサービスをお客様に提供する。
世界中のすべての存在をベストマッチさせる会社となる。
将来的には宇宙のベストマッチも考える。

利益は社会起業に再投資するためのもの。
重要な決定は、その決定の結果に最も直接的な
影響を受ける人びとによって下されるべき。
つまらない作業は可能な限り自動化(仕組み化、IT化)
して、社員には創造的な仕事に熱中させる。

●社会起業ベンチャー経営者の事業運営目的 優先度順
自分が心から楽しみながら、真剣に取り組める社会起業ビジネスをする。
一生その方式で稼いでいけ、本当に社会貢献
になる価値を生み出す社会起業ビジネスをする。
計画的に、他の社会起業ビジネスとくらべて
大きな収益が生まれる社会起業ビジネスをする。


[社会起業ベンチャー企業経営に成功する方法]連動メルマガのご案内
表示されていない場合は、準備中です。 メルマガ登録+解除画面
メルマガ説明文
メルマガ予告 ↓
メルマガに関する詳細は…
新着記事リスト
[社会起業ベンチャー企業経営に成功する方法]関連サイト相互リンク
[社会起業ベンチャー企業経営に成功する方法]では、下記のようなキーワードを含むサイト様との相互リンクを ぜひさせていただきたいと考えております。
    [社会起業ベンチャー企業経営に成功する方法]雑記の欄から、申請していただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。
カテゴリー一覧+概要↓